コラム

開発の醍醐味

【お客様のニーズに応えて最適なソリューションを提供する】と言うは易しですが、やはり困難に出会うこともしばしばあります。
お客様自身もビジョンが見えていないとか、予算と構想がかけ離れているとか、業務改革への不安が大きく躊躇している、など…。
どのようなケースでも我々としては業務改善を全力でサポートすることが使命と考えていますので、アドバイスすべきことはキチンとさせて頂き、かつ無理矢理システム化するのではなくお客様にとって最良の解をご提案しています。
そんな中で心に残るプロジェクトを一つ、ご紹介させて頂きます。

とあるお客様は次のような状況の中、ITによる業務効率化を模索しておられました。


状況
・メインの受発注業務に関わる全てをExcel(関数、マクロ)を駆使してまわしている
・案件毎に発生する電子ファイル(Excel、画像ファイル等)と紙帳票の保管量が膨大で管理困難
・複数の担当者がそれぞれ元ファイルをカスタマイズして便利化している
 (それが故に属人化が起きている)
・システム化のイメージは漠然としており、新オペレーションへの不安もある
・大きな予算はとれない

当初はパッケージ製品も含めてそれなりの基幹システム導入も検討しましたが、業務ヒアリングをじっくり行ううちにそれは最適ではないと考えました。
予算もさることながら、汎用的なパッケージ製品では対応できないオリジナルな業務であることが大きな要因でした。
ご担当者は現行のExcel帳票自体に不満は無く、今後も継続して使用したいとのことでしたのでこれはそのまま利用することとしました。
ただしファイルをそのまま管理することは大きなコストでありリスクであったので、その部分はダイナミックに変更することとしました。

具体的には
・Excel帳票自体はそのまま使用し、印刷イメージも変更しない(業務は変更しない)
・Excelデータ(セルに書き込まれた値)はファイルで管理せず、クラウド上でDB管理する

このような方法をご提案させて頂きました。

幾つかのデータ登録用シートを用意し、見積や発注データを書き込んでExcel上の登録ボタンを押すとデータはクラウド上に飛んでいき、永続的に管理されます。


お客様自身ではデータの所在は意識せず、かつ検索や履歴管理も容易に可能で担当者間での情報共有も即時、Web上で可能となりました。
当たり前ですがPC故障等によるデータ紛失の心配もなく、社外からでも業務可能となりました。

この方法で業務は劇的に効率化され、お客様のシステムイメージも明確になり、運用後はもっとこうしたい、こんなこともできるのでは?というご要望を頂くこともできました。


弊社が得意とするオーダーメイド開発が見事にマッチし、ドラスティックなシステム刷新でなくとも冒頭の【お客様のニーズに応えて最適なソリューションを提供する】ことができたと思います。
お客様と一緒に最適なソリューションを考案し、具現化し、増収増益という1つのゴールを達成したとき、システム開発の大きな醍醐味を知ることができたと実感しました。

続けてお読みください

SpringBootのDockerイメージ作成②

この記事をシェアする
  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン

お問い合わせ ITに関するお悩み不安が少しでもありましたら、
ぜひお気軽にお問い合わせください

お客様のお悩みや不安、課題などを丁寧に、そして誠実にお伺いいたします。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 03-5820-1777(平日10:00〜18:00)
よくあるご質問